新和畳襖店では生産者が分かる国産畳表をメインに取扱しています

天津弘也さんと
天津弘也さん(右側)
平成28年度熊本県い業大会(品評会)
い製品の部 農林水産省大臣賞受賞
平成28年6月撮影

天津弘也さんと
山本英義さん(右側)
平成28年度熊本県い業大会(品評会)
い製品の部 1等受賞
平成28年6月撮影

新和畳襖店の扱う国内産畳表はすべて無着色です。危険な着色剤や防カビ加工はしていません。安心してお使いください。

畳表の見分け方

サンプルを持っていない業者や中央部分のカットサンプルしかない業者などから施工をお願いするのは避けたほうがいいでしょう。(畳表の中央部分のみのカットサンプルですと低ランクの畳表でも意外とよく見えたりします)

経糸が麻の畳表だからといってひげの短い畳表を選ぶのは避けましょう。(経糸が麻だからという理由のみで価格が高くなっていて、イグサ自体の選別が悪いからです。)

中国産の畳表を選ぶのは出来れば避けましょう。もともと中国に畳文化は無く、中国で栽培されているイグサは日本からの技術指導により始まりました。
中国国内での防虫処理や防カビ処理など、どのような処理をしたのか見分けることが困難です。中国産の畳表の大半は水質の悪い栽培地で栽培されているために、イグサの香りが悪く表皮がもろくなっています。