普及織物紙 張替え価格

特長

質感のある織物ふすま紙です。無地から絵柄まで豊富なデザインからお選び下さい。

普及織物紙 施工例一例

しんせん№701
しんせん№701

しんせん№702
しんせん№702

しんせん№703
しんせん№703

しんせん№704
しんせん№704

しんせん№705
しんせん№705

しんせん№706
しんせん№706

しんせん№707
しんせん№707

しんせん№708
しんせん№708

しんせん№709
しんせん№709

しんせん№710
しんせん№710

しんせん№711
しんせん№711

しんせん№712
しんせん№712

しんせん№713
しんせん№713

しんせん№714
しんせん№714

しんせん№715
しんせん№715

しんせん№716
しんせん№716

しんせん№721
しんせん№721

しんせん№722
しんせん№722

しんせん№723
しんせん№723

しんせん№724
しんせん№724

しんせん№725
しんせん№725

しんせん№726
しんせん№726

しんせん№727
しんせん№727

しんせん№728
しんせん№728

しんせん№729
しんせん№729

しんせん№730
しんせん№730

しんせん№731
しんせん№731

しんせん№732
しんせん№732

しんせん№733
しんせん№733

しんせん№734
しんせん№734

取扱銘柄

しんせん第27集
しんせん第27集

吉兆第13集
吉兆第13集

いずみ第17集
いずみ第17集

のぞみ第3集
のぞみ第3集

はるか第5集
はるか第5集

普及織物紙 張替え価格 (1面単価3,600円)

商品名 価格 対応サイズ
間仕切り(両面) 7,200円+税 2000x920㎜以下(1枚あたり)
押入れ 5,100円+税 2000x920㎜以下(1枚あたり)
天袋・地袋 3,000円+税 600x920㎜以下(1枚あたり)

押入れは裏面1面1,500円
建付け調整などは上記価格に含まれています。

なお長さ2000㎜以上の丈長サイズの価格は約2割増し。約幅920㎜以上の幅広サイズは2倍の価格となります。(銘柄により丈長・幅広の対応サイズは異なります)

普及織物紙 襖新調価格

商品名 価格 対応サイズ
間仕切り(両面) 16,700円+税 1900x920㎜以下(1枚あたり)
押入れ 14,300円+税 1900x920㎜以下(1枚あたり)
天袋・地袋 9,900円+税 600x920㎜以下(1枚あたり)

上記のふすま新調価格は襖縁は新目起、引き手は普及品(1個300円+税ランク)の価格です。建付け調整などは上記価格に含まれています。

襖の新調料金は張替え+下地+襖縁+引き手となっております。
(開きのふすまの場合は別途兆番など金具類が掛かります)

なお長さ1900㎜以上の丈長サイズの価格は約2割増し。幅920㎜以上の幅広サイズは約2倍の価格となります。(銘柄により丈長・幅広の対応サイズは異なります)
正確な金額はお見積とさせて下さい。

間仕切り【まじきり】

部屋と部屋とを仕切るために使われる襖。襖の両側が部屋に面するため両面に上張りが張られています。このため、「両面」「両面張り」とも呼ばれています。

押入れ

片側だけが部屋に面するので、片面のみ上張りが張られています。裏面には雲花紙という裏紙が張られているのが一般的です。このため「片面張り」とも呼ばれています。

戸襖(板戸)

和室と洋室を仕切るために使われる襖で、オモテ面に襖紙、ウラ面はクロス又は化粧合板が貼られているのが一般的です。

鴨居上【かもいうえ】

押入れの上の小襖のことで、現在では、「天袋」と呼ぶのが一般的です。

天袋・地袋【てんぶくろ・じぶくろ】

床の間の脇床の上段・下段に取り付けられる小襖のことで、上段のものを天袋、下段のものを地袋と呼びます。